クライスラー300S|セダンは「おっさんグルマ」ではナイ!(前編)

アメリカ車

クライスラー300S|セダンは「おっさんグルマ」ではナイ!(前編)
誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

セダンって,おっさん臭い!?

しょっぱなから質問です。

皆さんは「セダン」と聞いてどのようなイメージを抱きますか?

おそらく
「古臭い」
「イケてない」
「おっさん」
「狭い」

というネガティブな印象を持っていると思います。

たしかに,アクティブで若々しいイメージのあるSUVや,大勢でワイワイ楽しめるミニバンに比べれば,セダンはいまひとつ垢抜けない感じがします。

でも,そんなマイナスイメージを一気に吹き飛ばすセダンがあります!

その名は「クライスラー300S」

アメリカを代表するビッグなセダンで,新車価格500万円台と比較的手ごろながら全長×全幅×全高=5,070×1,905×1,495mmとメルセデス・ベンツSクラスに匹敵する体躯を誇ります。

洗練されたレトロモダンなデザインに刮目せよ!

まずは内外装のデザインから見ていきましょう。

いかがですか?

角ばっていて水平基調のフォルム,「吊り目」ではないヘッドライト,縦長のリアコンビネーションライト,奇をてらわないインテリア…。どこを取っても古典的なのですが,それがかえって新鮮さにつながっている秀逸なデザインですよね。

アメ車に走りの良さは期待できないなんてウソですからッ!

一昔前のアメ車のセダンといえば,巨大で重いボディとフニャフニャの足回りで,走りなんて望むべくもないというのが相場でした。

でも300Sは違います!

もちろんドイツ車のような硬質な乗り味はありませんが,2017年のクルマに求められる水準をクリアしつつ,昔ながらのアメ車の味わいも残しているという具合なのです。

そのあたりも含めて詳しく書いている記事を見つけましたので,ぜひ読んでください。
次期愛車選びの参考になるはずです。

次回予告!

さて,前編はこのへんで終了です。

後編では,正規ディーラーで買えるアメ車のビッグセダンという貴重なポジションを担う300Sのさらなる魅力を解き明かしていきます。

これを読まないとクルマ選びに支障が出るというくらいの内容をお届けします。
乞うご期待!

1
キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!