クライスラー300S|セダンは「おっさんグルマ」ではナイ!(後編)

アメリカ車

クライスラー300S|セダンは「おっさんグルマ」ではナイ!(後編)
キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

安全装備に抜かりなし!

もはや新車を買うなら欠かせない装備となった「自動ブレーキ」に代表される予防安全装備。その点,300Sなら前方および後方に対する予防安全装備がもれなく付いています。

では,その詳細をご覧ください。

【あっ危ない!そんな瞬間をサポート】前面衝突警報

衝突のおそれがある場合に車両を減速させる前面衝突警報(クラッシュミティゲーション付)を標準装備。レーダーセンサーとビデオセンサーが、他の車両や大型の障害物に向かって急接近していることを検知するとドライバーに警告し衝突回避をサポートします。運転席からは検出感度の調節やブレーキサポートのON/OFFができます。
・急ブレーキの準備
・音声および表示でドライバーに警告
・短いブレーキングによりドライバーの注意を喚起
・クラッシュミティゲーションシステム:最長1.5秒間のブレーキアシストでドライバーをサポート
・ドライバーのブレーキ操作が弱い場合、アドバンストブレーキアシストによって制動力を高め、事故回避あるいは軽減をサポート

出典 http://www.chrysler.co.jp

【ロングドライブの強~い味方】アダプティブ クルーズ コントロール

・レーダーセンサーとビデオセンサーが、先行車両を認識し、その車両との安全な車間距離を維持
・前方車両の停止に伴う停車後、レジュームボタンを押すかアクセルを軽く踏めば再発進
・前方車両との車間距離は、お好みにより4段階で設定可能

出典 http://www.chrysler.co.jp

【車線変更も安心♪】ブラインドスポットモニター

ブラインドスポットモニターは、レーダーを使用し自車後方両側の死角を常に監視。他の車両が死角に入ると同じ側のドアミラーに黄色の三角アイコンを表示しドライバーに警告します。リアクロスパスディテクションは、バックで駐車する際、自車と直角の位置関係にある車両や障害物を検知しドライバーに音声または表示で知らせます。

出典 http://www.chrysler.co.jp

【正しい道に戻してくれる】車線逸脱警報

ルームミラー内蔵カメラとフロントフェイシアのカメラを利用するLane Sense™車線逸脱警報プラスは、車線の位置を認識。両側の車線表示のどの位置に自車がいるかを判断し、走行するコースを監視します。方向指示器を操作せずに車線を踏んだ場合、車線逸脱のリスクを知らせるため、ステアリングホイールをわずかに振動させて警告。それでも修正操作がなされない場合は車線内の正しい位置に自動で車両を戻します。

出典 http://www.chrysler.co.jp

【これであなたも車庫入れの達人!?】リアバックアップカメラ

Parkview™リアバックアップカメラは、8.4インチUconnect®タッチパネルを利用し、自車のすぐ後方の様子を広角映像で表示。映像にはダイナミックグリッドラインが表示され、駐車スペースや狭い場所への後退操作をサポートします。

出典 http://www.chrysler.co.jp

いかがでしょうか?「付いてないものがない」くらいの充実度ですよね!

いかにも小市民的な例えですが,「トッピング全部乗せ」ラーメンのようなものです(笑)

知ってトクするシフトレバーの話

さて,ここからは一般的なクルマのシフトレバーについて話をしますが,しばらくお付き合いください。

皆さんは,シフトレバーと聞いてどのような形のものを思い浮かべますか?

まず,シフトレバーといえば昔も今も一般的なのは前後に動かすストレートタイプですよね。

また,一昔前のベンツや'90年代以降のトヨタ車のようなゲート式もあります。

そして,昔のアメ車やここ数年のベンツのようにハンドルの付け根から生えている「コラムシフト」も…。

えっ,ナニコレ?

さて,ここから300Sの話に戻るとしましょう。

300Sの装備でおもしろいのが,このダイヤル。

実はコレ,シフトレバーなんです。

その証拠に,「P・R・N・D・S」と表示されています。

操作方法ですが,PからRやDに入れる場合は右に,DからRやPに入れる場合は左に回します。

慣れるまでは戸惑いそうですが,意外に使いやすいかもしれませんね。

英語も学べる!〆の試乗動画

さて,記事の最後を飾るのはおなじみの試乗動画!

今回はアメリカの大手新聞社「ニューヨークタイムズ」がお届けする試乗インプレッションです。

もちろん全編英語ですが,5分程度の短い動画なのでがんばって観てください。

なお,大まかな内容は次のとおりです。

1.メルセデス・ベンツEクラス,BMW5シリーズがライバル
2.300馬力を発生する3.6リッターV6エンジンとスポーツモード付8速ATの組み合わせで,0-100km/h加速は7.5秒と俊足。
3.快適かつパワフルなのが美点
4.内装の仕立てが良い(Eクラスや5シリーズ並みのクオリティを低価格で実現)
5.ボディサイズのおかげで室内とトランクが広い
6.燃費は市街地走行で19マイル/ガロン,高速走行で31マイル/ガロン(日本式に換算するとリッター7.9km,12.8km)と(全長5m超のセダンとしては)良好。

ビッグセダンを買うならこの一台

いかがだったでしょうか?

お世辞にも人気とは言えない大型セダン,その中でもマイナーなアメ車である300Sの知られざる魅力を感じていただければ幸いです。

デザイン,価格,走り,どれを取ってもなかなかいい線を行っていると思いますので,欧州車好きの方にもおすすめの一台です!

1
稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう